ロッテ・佐々木朗希投手が今季5試合目の先発。二回、2死一塁、 打者安達の場面で2スイトライクからの外角直球がボールとなった直後、白井球審がマウンドの佐々木朗へ詰め寄る場面があった。

2ストライクから投じたのは外角ぎりぎりの158キロ。この一球はボール判定となり、一走・杉本に盗塁を決められた。直後、佐々木朗は二塁から本塁方向をくるりと向き直って苦笑い。 この態度が不服にうつったのか、白井球審が何かを言いながら厳しい表情でマウンドへ歩いた。

捕手の松川が止めるようにして間に入り、その後、井口監督も球審のもとへ歩き、試合は再開となった。白井球審と二塁塁審の嶋田審判員が話しあう姿もみられた。

寄せられていたコメント