寄せられていたコメント

●建築家の安藤忠雄さんが「阪神・淡路大震災で犠牲になった人たちの鎮魂の場である東遊園地で、子どもたちが本を読みながら震災について思いをはせることができるようになるのはとてもよいことです」とあいさつしました。

いやいや、こんな高いとこに本置いたらそれこそ地震の時にあぶないだろ?

●どっかの有名漫画家も「俺ら大人が資料読んで妄想で作り上げたエア子供よりも本当の子供は10倍容赦ないからな」(意訳)って言ってた
●安藤さんの設計した建築物に御手洗いの看板や表示が無いのは困ると言っておいたわって昔知人が言ってたのを思い出しました。
●「子どものための」と銘うつなら
安藤忠雄に発注しちゃダメでしょ
という印象

うちの子どもはよじ登ると言ってます
落ちたら危ないので床にマットを敷き詰めるらしいです

お金があれば、ボタンを押したらアームで掴んで下ろしてくれる自動販売機みたいにするそうです

●これどうやって掃除するの?

人の出入りの程度にもよるけど、2~3年でホコリだらけになる
脚立は届かない、梯子は危険、ブランコは吊すところがない。兵庫県立美術館の照明ランプ交換と同じく、年に一度位、足場を組むしかないと思う
維持に手間と費用の掛かる建物だ