155000円が3300円に!!

国土交通省原状回復をめぐるトラブルとガイドラインによると 原状回復は、賃借人が借りた当時の状態に戻すことではないことを明確化しており経年劣化による回復は家賃に含まれるものとするということです。

このように注意喚起されていました。

原状回復の問題は、賃貸借契約の「出口」すなわち退去時の問題と捉えられがちですが、これを「入口」すなわち入居時の問題と捉え、入退去時における損耗等の有無など物件の状況をよく確認しておくことや、契約締結時において、原状回復などの契約条件を当事者双方がよく確認し、納得したうえで契約を締結するなどの対策を的確にとることが、トラブルを未然に防止するためには有効であると考えられます。