記事の中でウイルス専門家、西村秀一先生の質疑でなるほどって思った部分を紹介しますね。

「鼻マスク」はどうでしょうか?

理屈からいえば、感染を広げない目的なら鼻マスクの状態でも、万が一ご自分が感染していても、よほどのことがない限り周囲に広げはしません。ただし、防御という意味では、口呼吸でない限り無防備状態と同じで、自分は吸ってしまうので感染者と接触した際に感染してしまうリスクは高いです。せっかく不織布マスクをつけていたとしても、防御になりませんね。

使ったマスクは危険か?

「使ったマスクを触らないように」というのは都市伝説です。あれは、咳をしている患者と対峙する医療現場での話で、一般生活の中に落とし込む話ではありません。普通に社会生活をしていてマスクの表面にウイルスがついたりはしません。

ウレタンマスクの効果は?

ウレタンは着け心地はいいのですが、呼吸がしやすい。それは言い方を変えればスカスカだということで、実はずっと心配していました。

ムチャクチャ気になっていたところだったので参考になりました。 マスク感染しない為よりはどちらかというと感染を拡大しない為につける意識みたいですね。ウレタンは感染拡大させちゃうようです。
鼻マスクは鼻から飛沫を飛ばすことがあまりにないから、それほど問題ではないけど その人が感染しやすくなると。
マスクしててもできる多少の隙間も気にしないでいいそうです。 密閉なんてできるわけがないから 神経質になるなとのことでしたね。ようするにしゃべったりするときに飛ぶ飛沫をある程度マスクでガードできていれば問題ないよってことみたいです。 ウレタンマスクにはその機能がそもそも備わってないから意味がないみたいですね。 マスクせず口を閉じてしゃべってない人よりウレタンマスクでしゃべってる人のほうが危険ってことですね(汗)

               
[著:Temita編集部]