自民党の若手議員が二階幹事長ら党幹部に「はよやめろや!」とプレッシャーをかけているようです(笑)

自民党の青年局が二階幹事長ら党幹部に次の衆議院選挙で「73歳定年制」のルールを厳守するように求めました。自民党は衆議院選挙の比例区では73歳以上の候補者を認めない「定年制」を設けています。菅総理大臣と山口選対委員長は定年ルールを堅持すると確認していますが、去年6月にはベテラン議員を中心に、このルールを撤廃するよう求め、二階幹事長は理解を示していました。

参照:yahoo.co.jp

寄せられたコメント


他の仕事であれば70歳現役も問題ないと思いますが、国の未来を決める国民の代表と考えたり 権力を持つことでの忖度などを考慮しても、政治家は70歳定年であってもらいたいな。地方議員とかも同様に。 もうすこし若い世代に早い段階で権限委譲してもらっていいですかね?

               
[著:Temita編集部]