経済産業省は「2030年代半ばに、電動化を100%にする」とする方向で調整し、新車販売における「脱ガソリン」の目標を検討と発表

経済産業省が2030年代半ばに国内の新車からガソリン車をなくし、すべてをハイブリッド車や電気自動車などにする目標を設ける方向で調整していることがわかりました。日本として明確な目標を掲げることで、世界で進む脱ガソリンの動きをリードしたい考えです。

菅総理大臣が2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする考えを示したことを受けて、経済産業省は新車販売における「脱ガソリン」の目標を検討しています。

関係者によりますと、この目標について経済産業省は「2030年代半ばに、電動化を100%にする」とする方向で調整していることがわかりました。

これは、およそ15年後には新車の販売ではガソリンエンジンだけの車をゼロにし、すべてをいわゆる「電動車」にすることを目指すものです。

寄せられたコメント

●マイルドハイブリッドという抜け道があるな、
発進時にセルモーターで補助するだけでハイブリッドを名乗れる。
●無理。災害時のディーゼル車の有効性は揺るがない。
●見出しに誤解招いてるけど電気自動車メインじゃなくてハイブリッド車も含まれるから別にガソリン車が無くなる訳じゃないのよね
               
[著:Temita編集部]