大麻取締法違反の罪で起訴された俳優の伊勢谷友介被告(44)。
初公判で大麻の入手先を聞かれ、「社会にさらしたくない」と答えました。

 初公判を終えた伊勢谷被告は淡々とした口調で起訴内容を認めて謝罪しました。東京・目黒区の自宅で乾燥大麻約13グラムを所持していた罪に問われている伊勢谷被告。大麻が合法化されているオランダで初めて使った後、日本では使ったり使わなかったりを繰り返していたといいます。
 巻きたばこのようにして使っていたという伊勢谷被告。大麻を購入した知人については明かしませんでした。また、逮捕によって失われたものは大きかったとも話しました。

動画はこちら

寄せられたコメント

●購入先を吐かないてのは、再犯するつもりだとも取れる。
再犯が確定してるなら、重罪にして塀の向こうから帰らない様にして欲しい。
こいつの発言は反社会を応援してる様にもとれる。
●この期に及んで犯罪者を庇ってるのか。海外がどうだろうと日本では犯罪なの。
●きっとまたやるな