南米ペルーのミステリー、ナスカの巨大な地上絵に新たなものが発見されました。


“ 丘の斜面に人工的に作られた線が見て取れます。画面の右側の上部に正面を向いた顔、横向きの身体やしっぽが丘の麓に伸びたネコ科の動物が描かれているようです。ペルーの文化省は16日、世界遺産の「ナスカの地上絵」の保全作業をしている考古学者らが、幅37メートルの新たな地上絵を発見したと発表しました。”

寄せられたコメント

本物だったら申し訳ないけど見た目的に最近誰かが作ったんじゃ無いのかと思ってしまうw

——————————

絵柄のせいなのか内容が虚構新聞感を感じるのは僕だけ?

——————————

何かスゲーその辺のがきんちょどもが、いたずらで書いてそうな絵だなw

——————————

サムネを見てフェイクニュースだと思ったのは自分だけじゃないはず

——————————

ガチでニュースとして報道されてるんですよ・・・。
実際は薄くなっていたのを考古学者さんがわかりやすくしたからこういうラインになってるだけで時間経過の中で線もわからないレベルになっていたんだとは思うので突然に線が表れたみたいな類ではないみたいです。
それにしても落書き感が・・・(笑)

               
[著:Temita編集部]