菅内閣の最初の記者会見で、行政改革を担当する河野大臣が会見の在り方に苦言を呈しました。

 河野行政改革担当大臣:「例えば、この記者会見も各省に大臣が散ってやれば、もう今ごろ皆が終わって寝てますよね。それを延々ここでやるっていうのは前例主義、既得権、権威主義の最たるものだと思いますので、こんなものさっさとやめたらいいと思います」
 新内閣の発足時は大臣が順番に会見を行うのが慣例で、河野大臣は14番目でした。会見は17日午前1時ごろに始まり、河野大臣は「霞が関のブラックなところを是正しないと人材が集まらない」とも訴えました。

動画はこちら

寄せられたコメント

仰るとおり、記者だって帰って寝たいだろうに誰も得しない
ほんとそれ。
初日から疲れてまうわ。
別に当日全員やる必要なくない?
河野大臣の仰る通り!
深夜にやる意味がない。
               
[著:Temita編集部]