日本経済新聞がコロナウィルス検知のためのPCR検査について イギリスの研究機関が発表したこんな情報を報じました。

新型コロナウイルスのPCR検査について、英オックスフォード大学の研究チームは、死んだウイルスのかけらを陽性として検知している可能性があると指摘した。英BBCが7日までに、研究結果を報じた。

パンデミック(世界的大流行)の規模を過大評価している可能性があるという。

同大のEBM(証拠に基づく医療)センターの研究によると、感染した人がウイルスをうつす期間は約一週間だが、その後数週間にわたりPCR検査では陽性となる可能性がある。感染力のなくなったウイルスの死骸をわずかに持つ人も陽性とカウントされるためだ。

調査したカール・ヘネガン教授は「ウイルスの有無で陽性・陰性を判断するのではなく、ごく少量のウイルスで陽性結果が出ないように基準を設けるべきだ」と話す。

寄せられたコメント

「そろそろ世界的にPCR至上主義から脱却すべき」

——————————

「PCR検査って毎日すること
精度が100%であること
前提じゃないと何の価値もない」

——————————

「最初、私もびくびくしてたけどコロナって日本では疾患ある方には危険だからもちろん
感染拡大しないようにはするけど、それはコロナウィルスだけではなくてインフルや他の病気も同じだよね。基礎疾患があるんだからどんなウイルスだって大変なんだから・・・。 TVでずっとやってるからびくびくし過ぎてた気がする・・・」

——————————

               
[著:Temita編集部]