奄美大島沖で乗員43人と牛約5800頭を乗せた貨物船が、
航行中に台風の影響を受け沈没したと見られている事故で、
海上保安庁はこれまでに2名の乗員を救助した事を発表しています
(非常に残念ながら、1人はその後亡くなられた)。

日本の海上保安庁に対し、
フィリピンの人々から感謝の声が殺到しています。

——————————

動画はこちら

寄せられたコメント

「自分も前に乗ってる船が沈没して、なんとか助かった経験がある。
  どうもありがとう、日本の海上保安庁」

——————————

「本人は本当に優しいなぁ。
  台風で危険な状況の中で捜索に当たってくれている」

——————————

「救難に当たってる日本の海上保安官の人たちはヒーローだ。
  だけど、あの船も荒れる海は避けるべきだったよなぁ」

——————————

「牛たちも可哀想」

——————————

               
[著:Temita編集部]