こういうユーモアをもって話ができるって人としてかっこいい。

               
[著:Temita編集部]