立憲民主党の石垣のりこ議員が安倍総理への不適切な発言に対してTwitterで謝罪へ

寄せられたコメント

「配慮が足りなかったのではありません。それを差別というのです。差別は意図ではなく結果です。そしてその自覚があるかないかに関わらず言葉に出してしまった結果を「ヘイト」というのです。その結果には責任を取らなければなりません」

——————————

「一連の発言に対し、万を超えるリプライが来ていて、福山幹事長が指摘したことと同じ内容も沢山あったにも拘わらず、今までその言葉が言えなかったということは貴方には国民の声は届かないということですね。
理解いたしました。」

——————————

結局、自分の上司にあたる人間の言葉にしか耳を傾けてないってことですよね。
これって彼女個人というよりも 揚げ足とりばかりしている政党の体質がこういう小さなところで露出しちゃうんじゃないですかね。

               
[著:Temita編集部]