小学校でのブラジャー禁止問題が波紋を呼んでいます。

小学5年生の娘を持つ母親が、「体育では肌着禁止」という小学校の校則が酷いとTwitterに投稿し、物議を醸している。
小学5年生になり体が大人びてきたという娘に、この母親は肌着を新調しようと話をしたという。
しかし、娘は「どうせ体育では肌着禁止だから。周りの子皆透けてるし肌着買う意味無いよ」と回答。
母親は、児童によっては大人と変わらない体つきで体育着1枚では丸見えになるとして、「これは学校に抗議しに行かないとダメか 高学年にこれは酷い」と憤りを綴った。
なお、肌着やブラジャーを禁止しているのは、汗をかいてそのままにしていると風邪を引くとの理由からだという。

出典:biglobe.ne.jp

このニュースに女優の東ちづるさんが反応

寄せられたコメント

「北海道の小学校はたぶんどこも体操着に着替えない
体育の日は家から私服のジャージで行く…というか自由。
なるべく体育はジャージでとプリントに年に一回書いてある程度。
低〜高学年まで幅広い年齢がいるし体格も個人差があるんだから、体操着自体やめて、それぞれ自分に合ったもの着たらいいのに。」

——————————

「下着をつけさせると風邪をひく?
意味が分かりません。
100万歩譲ってそれが理由なら替えの下着を持ってこさせればいいだけ。」

——————————

「日本の何が嫌かって言うと、全ての基準はオッサン目線って言うのが嫌でしょうがないです。」

——————————

そうなんですよ! たぶんこんなルールもおじさんばかりが集まって決まっちゃう。
論理的な理由を教えてくださいって言っても 感情論が必ず返ってきますからね(汗
 
いろいろズレてるな~って思うことが本当に多い。これ皆さんはどう思います?

               
[著:Temita編集部]