動画はこちら

首都高速でポルシェに追突され、夫婦2人が死亡した事故。
容疑者の弟が、複雑な胸の内を語った。

夫婦の命を一瞬にして奪った、まさかの事故。
2日午前8時すぎ、首都高速道路・湾岸線の東扇島インターチェンジ付近で起きた。
会社役員・彦田嘉之容疑者(50)の運転する車が、前を走っていた黒いワゴン車に追突。
ワゴン車に乗っていた内山仁さん、美由紀さん夫婦が、車外に投げ出されるなどして死亡した。
前方が大きく破損した真っ赤な車、高級外国車のポルシェ。
横に止まるワゴン車は、車体の後部が大きくひしゃげ、原形をとどめていない。
その運転席をのぞき込むようにしているオレンジ色の服の男が、彦田容疑者。
過失運転致死の疑いで、3日朝に送検された。

事故直後を目撃した人「窓に近寄って何か言ってて、その時は(追突された方の)運転手さんは動いていた。(彦田容疑者は)落ち着いてというか、普通に話していたと思う。後ろで人が横たわって、タオルかかっているのにすごいなと思った」

事故直後も落ち着いた様子に見えたという彦田容疑者。
警察の調べに対し、「時速100km以上を出したことは間違いない。出し過ぎちゃった」と供述しているという。

               
[著:Temita編集部]