カンニング・竹山(49)が22日、コメンテーターを務めるフジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」に生出演。

再び新型コロナウイルスの感染拡大が起こり、「ウィズコロナ」への発言がネット上で議論を呼んでいる。

竹山は新型コロナの報道について「緊急事態宣言の時は、発熱して検査させてくださいという人だったんですけど、今は一般でも検査をやっているから(感染者は)出ますよね」と、緊急事態宣言前後の状況とは違うと主張。

そして「これからももっと陽性患者がいっぱい出ると思うので。全員を入院させていたら病院が閉まりますよね」と続けた。

また「あと、日本でいうと30歳まででコロナで亡くなった方はお一人だけですよ。お一人しかいないんですよ」とした上で「ということは、考え方を大分変えていかないと、ウィズコロナといかない感じはしますね」とコメントした。

竹山の発言を受け、ツイッター上ではと賛同の声が見られた。一方で否定的なコメントも出ている。

参照:hochi.news

ニュースに寄せられたコメント

竹山さんの言葉が1番わかりやすい
スルーされたけど、そこ本当に一番取り上げてきちんと検証してもらいたいところ。この先の生活がかかってる
共演者誰もフォローできずに静まり返るスタジオ

TVはコロナが感染したらすぐ命に関わるような病気で、後遺症で大変なことになる病気であってほしいのか?ってくらいの取り上げ方ですからね。
データをきちんと見たほうがいいよね。 コロナが日本人にとってどういう感染症かわからない時期と今とでは 対応を違ってしかるべきな気がします。

[Temita編集部]