知的障害をもった男性に階段から突き落とされた男性が死亡した件が 想像もしなかった結末になり物議を呼んでいます。

 大分市のマンション階段で2014年、知的障害のある無職男性=当時(42)=から突き飛ばされ死亡した男性管理人=同(62)=の遺族が、監督義務違反を理由に男性の両親に計約5364万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が22日、大分地裁であった。佐藤重憲裁判長は請求を棄却した。

 訴状などによると、男性と当時70代だった両親はこのマンションに同居し、14年10月31日に行方が分からなくなった男性の捜索を母親が管理人に依頼。管理人は2階付近の階段にいた男性を見つけ連れ戻そうとしたが、男性は嫌がり、階段下に突き飛ばした。管理人は脳挫傷を負い、その後死亡した。

出典:共同通信

投稿に寄せられたコメント

知的障害者の親には賠償認めず
本人にも責任が無いっていうのは、近寄るな、関わるな、ということかを世間に知らしめているな
批判来るの覚悟で言うが、これじゃあ「知的障碍者には関わるな、関わって来ようとしたら全力で拒否しろ」って対処する社会にしかならないと思う。
家族に責任を負わすべきではない。でも、被害者への補償は必要。車のひき逃げで加害者不明の場合のように、国が遺族に補償する制度が必要!!

これ結構深刻な問題だと思うんですよねぇ。 
誰も悪くないのはわかるんだけど 保証すらされないってさすがに亡くなった男性やその家族はどうしたらいいんでしょう? 

[文・構成 Temita編集部]