メジャーリーグで人種差別を受けたダルビッシュ有投手の神対応が世界中で話題に

28日に行われた米大リーグのワールドシリーズ第3戦で、アストロズのグリエル選手がダルビッシュ投手から本塁打を放った後、目を釣り上げるジェスチャーをしながら、アジア人を指す蔑称を口にしていたことが、問題になっています。
この問題はメジャーリーグ全体で議論を呼び、相手チームのグリエル選手はワールドシリーズに出場できないかもしれないという状況にまで発展しました。
しかし、この問題に対して ダルビッシュ有投手が自身のTwitterでこのような投稿をしました。

「完璧な人間なんていません。彼もそうだし、僕だってそうです。
 彼が今日したことは、正しい行為ではなかった。
 それでも僕たちは、彼を責めるよりも、学ぶ努力をするべきなんです。
 この経験から学べるならば、人類にとって大きな一歩になるはずです。
 僕たちはこんなにも素晴らしい世界に生きているのですから、
 怒りにフォーカスするのではなく、ポジティブに、前に進んで行きましょう。
 皆さんの大きな愛情が、僕の支えになっています」

このツィートは全米でシェアされ、ニュースでは「彼はこのドラマのヒーローとして現れた。毅然とした態度でグリエルの謝罪を受け入れることを選んだのだ」と称賛しました。
そして、メジャーリーグと野球の国際的なイメージダウンの恐れもあっただけに、「ユウ・ダルビッシュはベースボールを救った。我々全てを救ったのだ」とも称えています。

この報道を受けて海外からのコメント

●ダルビッシュは一流の対応をしたね。だけどそれでも処分は必要だと思う。
●こんな対応をされたらグリエルはいよいよバツが悪いだろうな。ダルビッシュは一流のアクションをしたよ……。

コメント

この記事をみんなにも教えよう!

Temitaをフォローして話題のニュースを
誰よりも早くチェックしよう!

「てみた」イチオシの記事!

PAGE TOP