西武ライオンズの主将・源田壮亮内野手(29)の妻で、元乃木坂46メンバーの衛藤美彩(29)のインスタグラムに誹謗中傷のダイレクトメッセージ(DM)が届き、裁判所に発信者の情報開示請求をしたところ、チームメイトの妻だったことが「 週刊文春 」の取材でわかった。

「“裏アカ”と呼ばれる匿名のアカウントから何十件もDMが届き、内容も次第にエスカレート。身の危険を感じるようになった二人は弁護士に依頼し、裁判所に対して発信者情報開示請求を行ったそうです」

 その後、裁判所の判断により開示された情報から、DMの発信者が判明した。それは、源田と同じ内野手の山田遥楓(はるか)の妻だった。

「8月下旬、源田は選手やスタッフの前で『こんなことされて、許せないから!』と泣きながら訴え、山田もその場にいたそうです」

参照:参照

ニュースを見た人からは…

●山田選手はこの事を知らなかっただろうし、お子さんもまだ小さいしショックだっただろうな。
彼自身はナイスガイでチームのムードメーカーだけど周りも気を遣うだろうしどう接していいのかわからないだろう。
●ライオンズファンとして辛すぎる内容で、どう転んでも良い解決策が見出だせない案件に自分は思っています…。
自分としたら壮亮が魅せる神業なたまらん守備、遥楓が魅せるファンと選手の一体感が大好きだし、これからもそんな二人の爽快なプレーを見続けたいです…。
●文春の報道はやや事実と異なる内容です。
源田選手がインスタで今回の経緯を説明しているのでそちらを読んでほしいです。

源田選手は誹謗中傷の犯人が山田選手の妻だと知って球団へ穏便に解決できないか相談しています。
ミーティングで山田選手を晒し者にしたように書かれているけどそれも事実ではありません。
山田選手から野球を奪わないでほしいと訴えています。
源田選手と山田選手を落とすような書き方はやめて頂きたいです。

●どちらにしても山田選手を庇うのは無理があるからな。一番ケアされるべきは被害者夫婦。