宮内庁は6日、天皇陛下が即位に当たり、子供の貧困対策に取り組む「子供の未来応援基金」とNPO法人「全国災害ボランティア支援団体ネットワーク」に対し5000万円ずつ計1億円を寄付されると発表した。
 宮内庁によると、陛下は子供の貧困問題や、ボランティアの被災者支援に対する国民の理解が深まることを願っており、私費から支出する。陛下の寄付可能な金額には上限があるため、憲法8条の規定に基づき、1億円以内の寄付を可能にする国会議決が行われていた。

ニュースに寄せられたコメント

天皇の私費があるのを知らなかったという方がたくさんいらっしゃいました。私も正直初めて知りました。
お金を持つって概念がいらない世界なイメージだったけど そうでもないんですね。 しかしながら こうして気持ちを寄せてくださってるのを感じられるのは嬉しいですね。

               
[著:Temita編集部]