山形市内に突如、現れた“マスク自販機”。定価は1つ610円。ハンドメイドにこだわった布製のマスクで、繰り返し洗って使えると記載してあります。噂を聞き付けた多くの人が訪れ、26日は午前10時すぎには売り切れになりました。マスクの自動販売機を設置したのはニット製品などを手掛ける業者です。
 

動画はこちら

ニットワイズ・後藤克幸常務:「どこに行ってもマスクが手に入らないと。24時間、仕事している人でもいつでも買えるなら自販機が良いんじゃないかと思った」

投稿に寄せられたコメント

●直ぐに必要な人にはありがたい!
●こういう感覚が拡大の歯止めになってる理由の一因だったりして…予防と共に、工夫やアイデアで乗り切りたいですね!

[Temita編集部]