自動車の走行税がまた話題に登っています。

今話題となっているのが、その「自動車税」を今後「走行距離課税」に変更するという法案。政府与党によって立案された「走行距離課税」は、その名の通り自動車の走行距離に応じて課税を行うというものです。
近年話題となっている「若者の自動車離れ」で自動車の保有者が減少していることや、電気自動車の普及で排気量に応じた税収が難しくなること、ハイブリット車の増加により低燃費の車が増え長期的に見るとガソリン税の税収にも影響してくることなど、多くの要因が重なり、将来的には自動車関連の税収も大幅に減少することが予想されます。
その対策として打ち出されたのが、今回の「走行距離課税」です。「従来の課税方法では将来的に税収が減少する」という課題を抜本的に見直すべき、という声から立案されました。
引用元:www.goo-net.com

ニュースに寄せられたコメント


みなさんは走行税についてどう思いますか?
  • あなたの回答を追加する
[文・構成 Temita編集部]