「なんでおれなんだ」なんて言ってないし思ったこともない

 「こっちに来い。絶対に止めてやる」
 3点リードされた八回表1死。千葉明徳の平川瑛斗(えいと)君(3年)はそう自分に言い聞かせながら二塁の守備についていた。

全力で楽しんでこい――。兄に前夜にかけられた言葉を思い出しながら。

 2歳年上の兄の背中を追い、小1からソフトボールを始めた。毎朝、家の近くの空き地で父と兄と「朝練」をした。キャッチボールやノック、打撃練習……。軟式野球をしていた中学でも続けた。

 しかし、中2の夏。千葉明徳野球部の1年だった兄が、片目に送球があたって失明した。距離感がつかめなくなり、選手として致命的なけがだった。

 「お前は野球を楽しんでくれ」。病室では明るく言われたが、毎晩のように「なんでおれなんだ」と泣いていると知っていた。

このニュースに目を怪我した平川くん本人がTwitterで反応しました。

コメント

この記事をみんなにも教えよう!

Temitaをフォローして話題のニュースを
誰よりも早くチェックしよう!

「てみた」イチオシの記事!

PAGE TOP