レーダー照射は照準を合わせるロックオンと同じで、「あとは引き金を引くだけ」の状態。
軍事行動、或いは攻撃予告ともいえる大変危険な行為として 日韓の緊張状態はMAXになっています。

動画はこちら

火器管制レーダーは普通のレーダーじゃなく、交戦状態にあるときに使われる物ということのようで国内はもちろん海外からも「常識のカケラもない」と批判の声が集まっています。

照射は数分間にわたり複数回行われていたことが分かっており、。防衛省関係者は、「誤射なら数分間の照射は受けない」「明らかに狙っている」と指摘しているようです。

照射していた位置

照射していた位置もこれですからね。どういう神経してるんでしょうか・・・。

               
[著:Temita編集部]