チャンネル「てみた」

【悲報】「クレヨンしんちゃん」野原しんのすけ役・矢島晶子さんが降板

矢島晶子さんコメント全文

27年間、春我部の「嵐を呼ぶ5才児」と一緒に過ごして参りましたが、この度、野原家から離れることに致しました。
理由は、しんのすけの声を保ち続ける事が難しくなった為です。
キャラクターの声を作る作業に意識が集中し、役としての自然な表現が出来にくくなってしまった為です。
長い間、皆さまに親しんで頂き、本当に感謝しております。
「しんのすけ」というキャラクターとは離れますが、声の仕事には関わっていきます。
また別の機会に他のキャラクターでの私の演技を受け取って頂けましたら幸いです。
27年間、ありがとうございました。

矢島晶子

このニュースを見た人からは

SNSには感謝の声が溢れていました。
プロ意識が高いからこそのご判断でしょうね。 悲しいですけど 本当に長い間お疲れ様でした。
当初は言葉遣いなどで社会問題にまでなったキャラクターですが、今では日本中から愛されるキャラクター、そして家族になった作品です。 声は変わっても積み重ねてきたものが無くなってしまうわけじゃないので これからも応援していきたいと思います。

この記事を友だちに教えよう!

記事が気に入ったら
いいねしてね♪

「てみた」イチオシの記事!

PAGE TOP