人類のムロツヨシの使い方の雑さを感じずにはいられない。
こうしておいしいところは全部ムロツヨシがもっていってるっていうところが 彼の人気の所以なのでしょうね(笑)