陰口を言われたり、嫌われたりすると自分に何か問題があるのでは?と考えたりしますよね。
このアドラーの言葉はそれを否定しています。

確かに私達には他人の感情を行動をコントロールすることはできませんからね。
自分が自分に正直でいて 批判されたり嫌われたりするのであればそれはその人とは合わないのだと思えばいいわけで、何も自分が合わせる必要はないわけです。
それを求めてくる相手が精神的に不幸な奴なんだと思うほうが 自分の幸せに近づきそうですね。

[文・構成 Temita編集部]