チャンネル「てみた」

感動をありがとう! ただ錦織の夢はまだまだ終わらない。

9月9日の全米オープン決勝戦、錦織選手はチリッチ選手に3-6、3-6、3-6のストレートで破れ、惜しくも準優勝に終わりました。しかし彼の夢はまだまだ終わらない。その決意は小学生のころから変わっていない。

 

20140908k0000m050144000p_size8

(via: mainichi.jp)

 

記事全文

ぼくの夢 錦織 圭

この六年間で一番思い出に残ったことはテニスで日本一になったことです。練習で一生懸命やった結果が出たと思います。

全国選抜や全国小学生大会、全日本ジュニアの三つの大会で優勝しました。

一試合一試合を「絶対勝つぞ」と思ってやりました。そして「優勝」までいけた時は、すごくうれしかったです。

ぼくはテニスのラリーが長く激しく続くところが好きです。いろいろなコースに打ちわけ、深く打ったり短く打ったりします。チャンスボールがきた時、強いボールを打つのが好きです。決まった時はすごく気持ちがいいです。

このショットがいつも打てるように練習していきたいです。

試合に出ることで友達が増えました。友達が増えたおかげでいろいろな話をしたりいっしょに練習したりできます。それもテニスが好きな一つです。

これからはだれにも負けないように、苦しい練習も絶対諦めずに全力でとりくんでいこうと思います。

夢は世界チャンピオンになることです。夢に向かって一歩一歩がんばっていきます。

 

錦織選手の夢はまだまだ終わらない。 世界チャンピオンにきっとなってくれるでしょう。

この記事を友だちに教えよう!

記事が気に入ったら
いいねしてね♪

「てみた」イチオシの記事!

PAGE TOP