チャンネル「てみた」

海水浴シーズンに知っておきたい「離岸流」と「浮いて待て」

海水浴に潜む危険

夏休みに入り、海水浴シーズンになりました。 ご家族やお友達と海に行く機会も出てくるのではないでしょうか?
海は楽しいですが同時に多くの危険が潜んでいます。 海での事故のニュースは毎年あとを絶ちません。 海での危険な事故へと繋がる原因として『離岸流』というものがあります。皆さんはご存知でしょうか?

『離岸流』って何?

離岸流とは、海岸に向かって強い風が吹くと、海水は波となって沖から海岸へ打ち寄せられます。 そうすると、水はどんどん岸に貯まるので、どこかから沖にもどろうとします。 この時、岸から沖の方へ向かって流れる速い流れのことを離岸流(リップカレント)と呼びます。

もしも『離岸流』にのまれたら

無理に岸辺に戻ろうとしないでください。 海が沖へ出ようとする力に逆らっても戻ることはできません。
沖に出て助けを呼ぶかイラストにもあるように岸と平行に離岸流の流れがなくなる位置まで移動してください。

浮き輪などが無い場合は『浮いて待て』

この『浮いて待て』はUITEMATEとして海外でも注目されています。 やり方はこんな感じです。

手足を大の字に広げる
・靴ははいたまま。軽い靴は浮き具代わりに
・大きく息を吸い、空気を肺にためる。あごを上げて上を見ると呼吸しやすい
・手は水面より下に。ペットボトルやかばんがあれば胸に抱える

事故にあったり目撃したりしたら

川や海に落ちたとき、衣服や靴を脱ぐより着衣のままでいるほうが水に浮くため、大きく息を吸い手足を大の字にして仰向けに浮かび、救助を待つのが「ういてまて」の方法だ。

気をつけること

多くの人は焦りからどうしても泳ごうとするそうです。 溺れた人を見かけた人も助けに入り泳ごうとする。しかし、これが大きな間違いで溺れたら無理に泳ごうとしないこと。そして溺れてる人を見かけたら泳いで助けようとせずに119に通報してもらったり、ライフセーバーに通報するなりして助けを待ったほうがいいということでした。

近くの場合は浮き輪やペットボトルなど浮きそうなものを投げ入れてあげることも有効のようです。

お姉さんが教えてくれる「浮いて待て」

筆者の経験

筆者は離岸流で溺れそうになった経験があります。 泳ぎが得意だったことと本当に運がよかったのでなんとか岸までたどり着きましたが体力も一番ある10代のときだったのでなんとか生き残れましたが、普通に考えたら知識がないと絶対に危険です。
それほど離岸流は恐ろしいです。 海水浴に行くときは同行するメンバーと車中や移動中に安全について話し合いながらお出かけくださいね。 皆様に素晴らしい夏の想い出が増えることを願っております。

参照元:Youtube

この記事を友だちに教えよう!

記事が気に入ったら
いいねしてね♪

「てみた」イチオシの記事!

PAGE TOP