チャンネル「てみた」

東京FCの大久保嘉人選手が敗戦後、自身のチームのユニフォームを蹴って謝罪へ

サッカーJ1・FC東京のFW大久保嘉人選手が先日のガンバ大阪戦で(0-3)で敗戦し、試合後ユニフォームを投げ捨て それを蹴った様子が問題になっていました。
一夜明けて、反省したのか謝罪を発表する流れに。

動画はこちら

これを見たサッカーファンからは

●大久保はいつもこれ。自分が結果出せてもチームにそういう流れを作れない。だから代表にも呼ばれない。一人でサッカーしてる仲間を信頼してない。
●もう子供もいるんだから、試合中は熱くなるのはいいけど試合後の整列くらいちゃんとやれよ。なんのためのロッカールームなの?
●チームの雰囲気を悪くするよな。

などサッカーファンからは批判的なコメントが殺到していました。
そして、大久保選手が謝罪を発表する流れに。

「あれは、やってはいけない行為だったと反省しています。チームとして結果が出なかったこと、そして自分が勝利に貢献できなかったこと、その悔しさから、、、、
クラブが強くなるためには、変えていかなければいけないこともあると思います。移籍してくる前から感じていたことが、実際にチームの一員となって、より強く感じられるようになっています。選手だけではなく、FC東京に関わるすべての人が、変えるべきことを理解して、変わらなければいけない。今回は、このような思いが強すぎて、間違った方向に出てしまったことをお詫びします今回の行為を反省し、今後はやらないことを心に刻み、この気持ちをクラブ全体で強く持っていけるように努力していきたいと思っています」

上手くいかないことに感情を出すことは間違えではないと思います。プロ選手ですし、チーム戦なのでチーム内で慣れ合うだけじゃなくぶつかり合うことも必要でしょう。だけどユニフォームはチームの象徴ですからね。これをチームメートやサポーターの前で蹴るというのは許されない行為ですね。
しっかり、反省してもらってまた次にがんばってもらいたいですね。 

この記事を友だちに教えよう!

記事が気に入ったら
いいねしてね♪

「てみた」イチオシの記事!

PAGE TOP