チャンネル「てみた」

サッカーの国際試合で浦和レッズGKの西川選手の行動が素晴らしいと話題に。一方・・・

サッカーのアジア・チャンピオンズリーグで日本の浦和レッズと対戦し敗れた韓国の浦項の選手が試合後にピッチにテーピングを投げ捨てて帰ろうとしたところを西川選手が注意して、注意された韓国選手が激怒。あわや乱闘騒ぎになりそうに。
実際、ちゃんと拾ってる選手もいるんですよね。 それをあえてもう一度奪い返して捨てるってどういう意味なんでしょうか?

しかもそれをやったのは韓国チームの主将ということだから参ったものですね。

試合後に西川選手は

「怒ったように見えたかもしれませんけど、自分は冷静というか、ただごみを持ち帰ってほしかった」「サポーターのみなさんの中には、子どもたちもいる。絶対に見習ってほしくない」「主将はチームをまとめるべき選手。そういう選手が、ああいうことをしてしまえば、チームはうまくいかないと思う」と語った

韓国チームの中にも 常識のある選手は当然います。映像の中で拾ってる若い選手がいるわけです。それを力をもった主将が奪ってまた捨てるという・・・。若い選手たちは上が間違っていても「違う」と言えないような悪質な上下関係を強いられているのかもしれませんね。

ネットの声

・ 多くの韓国の人は、これをどう受け止めるんだろう…そこを知りたい。
・西川の気持ちはわかるし正しい。ただ、相手が悪い。道徳がない奴らに道徳説いても無理なのだから。相手に渡さずにそのまま持って帰ればもっとかっこよかった。
・いつもこういう問題を起こすのは韓国だよね。

この記事を友だちに教えよう!

記事が気に入ったら
いいねしてね♪

「てみた」イチオシの記事!

PAGE TOP