チャンネル「てみた」

ガンで余命宣告されたランディ・パウシュ教授の「最後の授業」での言葉が心に刺さる

ランディ・パウシュ教授の『最後の授業』とは?

2007年9月18日、ペンシルベニア州ピッツバーグ。
ハイテクの街として知られるこの地に本拠を置くカーネギーメロン大学の講堂で、1人の教授が「最後の授業」を行った 。
教授の名前はランディ・パウシュ。46歳。バーチャルリアリティの第一人者と称される人物だ。
最後の授業をするにはまだ若すぎるパウシュだが、実はこのとき、彼には長年親しんだ大学に別れを告げざるをえない事情があった。
膵臓から肝臓へと転移したガン細胞 。医師から告げられた命の刻限は「あと3カ月から半年」。
こうしてパウシュの最後の授業は始まった。
スクリーンに映し出された演題は『子供のころからの夢を本当に実現するために』。
それは、学生向けに講義をするふりをしながら、まだ幼い3人のわが子に遺すためのメッセージだった――。
アメリカではネット動画にアップされるやまたたく間に600万ものアクセス数を獲得したという、心揺さぶられるメッセージ。

その『最後の授業』の中で印象に残った言葉があります。

「経験とは、求めていたものが、手に入らなかった時に手に入るもの。」
Experience is what you get when you didn’t get what you wanted.

本当に素晴らしい言葉だと思います。

ちなみにその講演の動画が日本語字幕付きで紹介されています。
1時間と長い動画ですので、お時間の許すときにご覧ください。
ページ上部に保存用のボタンがありますので、Facebookからご覧の方はFacebookに保存するか、シェアしてタイムラインに出しておけば、あとで見ることが出来るかと思います。 

この記事を友だちに教えよう!

記事が気に入ったら
いいねしてね♪

「てみた」イチオシの記事!

PAGE TOP