チャンネル「てみた」

小学校6年生の少女が特許取得 缶を分別するゴミ箱がシンプルだけど凄い

愛知県安城市の丈山小学校6年、神谷明日香さん(12)が、磁石の力を利用してスチール缶とアルミ缶を自動的に分別するごみ箱を開発し、特許を取得したとして話題になっている。

CRPvtovUsAAAdIs

 ごみ箱はプラスチック板などを組み合わせた直方体で高さ約90センチ。内部に仕切りがあり、スチール缶入れとアルミ缶入れに分かれている。

 投入口はアルミ缶入れの真上に設けた。アルミ缶はそのまま真下に落ちるが、スチール缶は磁石の力で反対側に落ちる仕組み。全てホームセンターで手に入る安価なもので作った。

 神谷さんがごみ箱を作ったきっかけは、昨年の夏休みの課題として出された自由研究。祖父がスーパーを営んでおり、自動販売機のごみ箱のスチール缶とアルミ缶を仕分けするのを見て着想を得た。

産経Westより

CRPvtsRVAAEgNsw

シンプルだけど凄い! 素晴らしい技術は新しいものを作らなくても、今あるものを工夫するだけで生まれるっていうのがよくわかる事例ですよね。
誰かの役に立てばいいなというシンプルな発想ってやっぱり大事なのかもしれませんね。

参照:産経WEST
(本記事は上記の報道や情報を参考にしています)

この記事を友だちに教えよう!

記事が気に入ったら
いいねしてね♪

「てみた」イチオシの記事!

PAGE TOP