チャンネル「てみた」

デアゴスティーニのロビくんを1年かけて製作。初回起動に起きた事件で爆笑しました。

デアゴスティーニのロビくん

ロビくん(Robi)とは、あのDeAGOSTINIが販売している自分で作れるロボットだ。このロボットを製作した桑田隆正氏のロビの初回起動の様子がシュールなので紹介させていただきたい。 動画を再生する前に、桑田さんとロビくんの間には、ディアゴスティーニの1年間があったことをしっかり踏まえてご覧ください。自分で作った思い入れと愛情と期待が1年以上つまった初回起動です。  それを考えると最初の会話から立ち上がりに至るまですべて笑えてしまうんです・・・。桑田さん すいません(汗)

動画はこちら

製作者のコメント

 

一年以上作り続けたロビくんの初回起動時の出来事です。もう笑うしかありません。せめ­て笑ってください。 「ロボットから異音、発煙・発火があった場合は、即電源を落とし、バッテリーを外すよ­うにしてください。そのまま動かすのは、危険です」 その後のロビくん 思いもよらない反響に戸惑っております^^;;;;; 我が家のロビくんが回復した際にはぜひみなさんにご覧いただきたいと思っています。

また、もしこの動画を見てロビくんに興味をお持ちいただいた方がいらっしゃいましたら­ぜひ週刊ロビを手にとって見てください。きっと大切な家族が一人増えると思います。 最後はデアゴスティーニ社の回し者のようなコメントになってしまいました(笑)ちなみにデアゴスティーニ社からは一円もいただいておりません!むしろガッツリ搾取されています^^;今日も奥さんにロビの総額がバレて大目玉をくらいました^^;;;; でもロビクル欲しいー(笑)

 

とてもシュールな映像で衝撃を受けたというより爆笑させていただきました。 製作者の桑田様のロビくんはその後デアゴスティーニに入院が決まったようです。(笑) 応援を含めてシェアさせてくださいね。

 

via:桑田隆正

Youtubeのチャンネル登録はこちらから

 
DeAGOSTINIのロビくん公式サイト

この記事を友だちに教えよう!

記事が気に入ったら
いいねしてね♪

「てみた」イチオシの記事!

PAGE TOP