チャンネル「てみた」

「子どもたちを犯罪から守るお巡りさんになりたい・・・」プロ野球選手から警察官へ猛勉強の末に合格!

参照:西日本新聞
(本記事は上記の報道や情報を参考にしています)

プロ野球選手から警察官へ

プロ野球選手から警察官へ転身した一人の男性が今話題になっています。
今年の4月に鹿児島県警に採用された美沢将さん。

高校時代は遊撃手として活躍し、2009年のドラフトで西武ライオンズから2位指名されました。
美沢さんの生まれ育った島ではドラフト会議の内容を島の防災行政無線で伝え美沢さんは島のヒーローに。
当然、鹿児島県民からの期待も高かったそうです。

しかし選手時代の成績は芳しくなく、自身の怪我もあり、5年間の選手時代では1軍出場は6試合。安打はわずか1本という成績でした。

美沢さんは「野球はやりきり燃え尽きた」と引退を決意しました。

人の役に立つ仕事をしたい

以前から「人の役に立つ仕事をしたい」と思っていた美沢さん。
島の暮らしのなかでお年寄りや子どもとのふれあいも多く、高校卒業時には自衛隊に入ることも考えていたそうです。
さらに、美沢さんのお兄さんは警視庁の鑑識課員として働いており、その事も美沢さんの背中を押すことにもなりました。
「不正や悪事を許さないやりがいのある仕事。故郷に恩返ししたい」との思いで鹿児島県警に入る事に決めました。

プロ野球界から引退して1カ月後には専門学校に入学し、「人の役に立つ仕事をしたい」の一心で、必死に勉強し見事合格することができました。

子どもたちを犯罪から守るお巡りさんになりたい

01-misawasan

警察学校で訓練を受ける美沢さん

自身のプロ野球生活を「心技体、全てが足りなかった」と振り返る美沢さん。
「警察官も準備が大切なのは一緒」。
「元プロ野球選手のプライドは要らないが、経験は生かしたい」とのことです。

現在は警察学校で訓練を受ける日々。10月にはついに第一線に出ることになっています。
「毎日が充実している」と語る美沢さん。

日々「人の役に立つ仕事をしたい、子どもたちを犯罪から守るお巡りさんになりたい」という強い意思で美沢さんを突き動かしています。
きっと素晴らしいお巡りさんになってくれること間違いなし!
これからも頑張ってください! 応援しています!

この記事を友だちに教えよう!

記事が気に入ったら
いいねしてね♪

「てみた」イチオシの記事!

PAGE TOP