チャンネル「てみた」

「キングコング」の西野亮廣氏がハロウィーンの渋谷のゴミ問題を逆にイベントに

お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣さんが渋谷のスクランブル交差点周辺にゴミが大量に散らばっている様子が国内外で報道されるのを見て
「ごみを出さないことに越したことはないが、『出すな』と言っても出してしまうのなら、ごみが出ないと成立しないイベントを」
「ハロウィンはとにかくはしゃいで楽しむべき。だけど、そのために生まれたゴミ問題も楽しく明るく解決する必要がある」

そこから着想して、24日から開催される、イベント「TOKYO DESIGNERS WEEKの一環で、掃除機のダイソンのバックアップを得て渋谷のゴミ掃除の企画を立ち上げているそうです。

ゴミを出す人を仮装した「オバケ」と見立て、ゴミを「オバケのカス」と呼び、映画『ゴーストバスターズ』のノリでゴミ拾いを“娯楽”とするイベントを提案。長谷部健渋谷区長も巻き込んだお掃除イベントに。

ハロウィーン後の渋谷をごみ拾い キンコン西野さんがトラッシュアート制作へ   地域   写真   goo ニュース

今年も渋谷でゴミが

今年も多くのゴミが渋谷に散見されるそうです。キングコング西野さんたちの取り組みは本当に素晴らしいことだとは思いますが、
やはり根本的にゴミくらいは捨てないようにしようモラルくらいは日本人として守ってもらいたいですね。

西野から皆様へ。

Posted by ニシノ アキヒロ on 2015年10月31日


お笑い芸人さんは、困難な状況や難しい場面の中にこそ笑顔を作れる仕事なのかもしれません。

参照:OriconStyle
参照:東京デザインウィーク

(本記事は上記の報道や情報を参考にしています)

この記事を友だちに教えよう!

記事が気に入ったら
いいねしてね♪

「てみた」イチオシの記事!

PAGE TOP