チャンネル「てみた」

小林麻央さんが病床でつづった彼女の意志を多くの人は理解しないといけない

小林麻央さんが闘病の中でBBCに寄せた手記に彼女の想いが全て込められている気がしました。
是非、多くの方に読んでいただきたい。

人の死は、病気であるかにかかわらず、
いつ訪れるか分かりません。
例えば、私が今死んだら、
人はどう思うでしょうか。
「まだ34歳の若さで、可哀想に」
「小さな子供を残して、可哀想に」
でしょうか??
私は、そんなふうには思われたくありません。
なぜなら、病気になったことが
私の人生を代表する出来事ではないからです。
私の人生は、夢を叶え、時に苦しみもがき、
愛する人に出会い、
2人の宝物を授かり、家族に愛され、
愛した、色どり豊かな人生だからです。
だから、
与えられた時間を、病気の色だけに
支配されることは、やめました。
なりたい自分になる。人生をより色どり豊かなものにするために。
だって、人生は一度きりだから。

参照:BBC NEWS JAPAN
(詳しくはこちらをご覧ください)

麻央さんと海老蔵さんがお子様たちと過ごしてきた日々を考えると涙が止まりません。
しかし、麻央さんのこの強い意志を見ると改めて人生の過ごし方・大切なものについて考えさせられました。
小さな二人の子供は母親を亡くした「可哀想な子」ではなく、他の人では経験できないような濃密な時間を母親と送ることができた子供たちなんだと思います。 

この記事を友だちに教えよう!

記事が気に入ったら
いいねしてね♪

「てみた」イチオシの記事!

PAGE TOP