チャンネル「てみた」

空前の語学留学ブームにフィリピンのボラカイ留学をお薦めしたい4つの理由

今、語学留学がブームです。個人に限定した話ではなく大手企業も社員に率先して英語を学ばせようとしています。
実は、私も語学留学を経験した1人です。とはいっても、「ド短期の留学」で2週間だけの留学でした。
その留学先がフィリピンのボラカイだったのです。

ボラカイ島

留学の話をする前にフィリピンはボラカイ島の説明をしないといけません。

ボラカイ島(Boracay)はフィリピン中部、シブヤン海に浮かぶ島。フィリピン有数の観光地・リゾート地となっている。首都マニラからは南へ200km、ビサヤ諸島の西端にある大きな島パナイ島の最北端から2km沖にある。骨か鉄アレイのような形をした長細い小島で、面積は1,002ヘクタール、島の長さは7.5km、幅は最も狭い場所で2kmしかない。行政区分は西ビサヤ地方のアクラン州・マライに属する。島を構成する集落(バランガイ)はヤパック(Yapak)、バラバグ(Balabag)、マノック・マノック(Manoc-Manoc)の三つ。中心は観光地ホワイト・ビーチに沿ったバラバグにある。2012年には、アメリカの旅行雑誌『トラベル+レジャー』によって、世界最高の島と評価された。
wikipediaより

ビーチがやばい!

トラベラーズチョイス世界のベストビーチ2014では、アジアの1位に2年連続でフィリピン・ボラカイ島の「ホワイトビーチが選ばれ、2012年、アメリカの旅行雑誌『トラベル+レジャー』によって、世界最高の島と評価された。とにかくビーチサイドは美しい。
島の西側に広がる約4kmのホワイトビーチは水深1.5mくらいの遠浅のビーチが沖合い50mまで続いており、海水の透明度も抜群でシュノーケリングからダイビングやアイランドホッピングまで、すべてのアクティビティが簡単に楽しめる。

英語留学

島の説明はこの辺りにして、英語留学について説明しないとですね。
最近、フィリピンに英語留学がかなり増えています。マニラやセブ島などがメジャーな留学スポットです。フィリピンは英語のスキルが高く、母国語はタガログ語なんですが多くの人が簡単な英語は話すことができます。そして、しっかりと学んでいる人はものすごく綺麗な英語を話します。なので英語の語学学校がフィリピン国内にたくさんあるのです。 



なぜボラカイがオススメなのか?

1.圧倒的に治安がいい。
フィリピンはやはりまだまだ治安面は心配な部分があります。マニラでタクシーに乗ったはいいが変なところに連れて行かれたとか、荷物を盗まれたり絡まれたりというのは各所で聞きますが、ボラカイはそういう心配がまずありません。 夜中に1人で歩いていても問題がないと言えるレベルだと思います。
これは私が聞いた話なのですが、ボラカイでは観光客に島民は絶対に迷惑をかけるようなことをしないというのがローカル・ルールなのだと聞きました。観光業だけで成立してる島なので、観光客に迷惑をかけることは島民が許さないのだと・・・。

2.日本人がいない。
セブ島やマニラは人気なので、日本人がかなりたくさんいます。そのため、どうしても日本語から離れることができずに日本語を使ってしまうシーンが増えるので、やはり英語を学ぶということであれば日本人が少ないところを選びたいですよね? ボラカイは本当に日本人がいません(笑) 学校に限らず、街の中でも見かけることは本当に稀です。台湾人、中国人、韓国人が多いです。とくに韓国人が結構多い印象でした。飛行機の会社の非常に便利なパッケージがあるというのを韓国人から聞いたのでそういうことなんだと思います。 数年後にボラカイ島の中に空港ができるので、そうなったら日本からももっと多くの観光客が行くかもしれませんね。 往復の利便性については後述しますが、絶対にボラカイはまだ日本で大きくフューチャーされていないだけで最高のバカンス先とも言えると思います。

IMG_20150814_114747

3.とにかくビーチが綺麗で、楽しい
これは最大にして最高のオススメポイントです。前述した通りホワイトビーチはアジアでNo.1のビーチです。但し、ビーチから一歩路地に入ると、そこはアジアです。神経質な日本人には「ん?」って思うところもあるかもしれませんが、そのギャップすらも楽しめるのがボラカイの魅力だと思います。

IMG_20150818_175149

4.学校が親切で居心地がいい
学校はパラダイス・イングリッシュ(Paradice English)という名前で、ビーチからトライシクル(バイクタクシー)で10分ほどの場所にあります。ボラカイでは唯一の英語学校なので、ボラカイでの英語留学といえば、ここしかありません。とにかく、この学校のスタッフはみんな親切で、困ったら親身になって助けてくれますし、何かボラカイの中で起きても家族のように支えてくれるはずです。

悪いところはどうなの!?

1.インターネットが繋がらない
悪いところは一切ありません!と書きたいところですが、それはあり得ないので悪いところも書きます。
一番は、インターネットの問題ですね。SIMフリーの端末を持ってる人はフィリピンに入ったら、すぐにSIMを購入することをオススメします。フィリピンはSIMが非常に安価で手に入ります。1ヶ月2,000-2,500円(日本円)でSIMをゲットできます。マニラやセブについてはインターネット環境で困ることは無いと思いますが、ボラカイはインターネットの環境はかなり悪いです。雨の日はインターネットは繋がらないに等しいですし、寮や学校にあるWifiはかなり低速で、動画の閲覧などはほぼ不可能です。これが唯一、私が困ったところではあるんですが、逆にインターネットと切り離された生活は日本語に触れずに英語の勉強に専念できる良い時間だったのかもしれませんし、学校にいる多国籍な友達との時間はインターネットが無いくらいのほうが楽しめると思います。

2.往復がかなり面倒・・・
ボラカイへはいくつかの生き方があります。フィリピンのマニラ空港からカリボ空港へ行き、そこからバスで2時間、そしてフェリーで10分という経路か、フィリピンからカティクラン空港へ、そしてフェリーで10分。慣れない人は後者を選びたくなりますよね? 実際に私も後者を選択して失敗しました(汗)フィリピンの飛行機は遅れる・飛ばない・変更が多いのです。 この辺りは他のサイトなどで調べてみてください。
理想は行きは余裕がないので
日本➔マニラ➔カリボ➔ボラカイ
帰りは時間に余裕もあるはずなので、
ボラカイ➔カティクラン➔マニラ➔日本
という流れをオススメします。
ここらへんは、情報収集して貴方に合う方法を見つけ出してください。

パラダイス・イングリッシュ(Paradice English)

IMG_20150813_145553

パラダイス・イングリッシュ(通称:PE)は、本当に小さな学校です。学校では1日決められた時間のグループレッスンと予算に合わせて希望したグループレッスンが受講できます。私が行ったときの講師はイギリス人講師が中心でした。これは時期によっても変わるそうです。
学校は、大人だけじゃなく小さな子供たちも親と一緒に留学していました。 私が行ったのが夏だったこともあり、家族で留学にきている台湾人や韓国人は多く見受けれられました。そのときに聞いたのは、何個か家族で留学したけどボラカイが一番だとおっしゃっていました。ハワイでキッズ留学をさせたときは子供がストレスで楽しく英語を学べなかったけどボラカイでは楽しみながら遊びながら英語が学べて、子供の英語の勉強には最高の場所だとおっしゃっていました。午後は学校が海のアクティビティに連れていってくれるし、子供にとっては英語と自然を両方堪能できる最高の場所なのかもしれませんね。

12048679_10204124068456606_1360970725_n

もちろん、私たち大人にとっても最高の環境でした。私は寮に入ったのですが、海外留学では寮をオススメしたいです。
あの多国籍な環境はきっと素晴らしい経験をあなたにもたらしてくれます。出来ることなら相部屋がさらにオススメ。英語を使う機会も増えるし何より友達にすぐなれるからです。ホームステイも悪くないですが、ホームステイの場合は、その家との相性が悪かったときが致命的なので、私は寮をオススメしたいです。
パラダイス・イングリッシュ(Paradice English)の寮は学校から歩いて5分ほどの場所にあって宿泊費も安いのでかなりオススメできますよ!

IMG_20150814_125834

長くなりましたが、私が英語留学にボラカイをオススメしたい理由をダーーーーっと書いてみました。2週間という短期留学でも受け入れてくれますし、英語を学ぶには一度はこういう経験をしておくと帰ってから英語への取り組み方も変わってくると思います。私は留学に備えて、オンラインレッスンのレアジョブ英会話
で、1日1回、計25分のレッスンを予約、受講できるプランを、3ヶ月続けてから留学しました。もちろん3ヶ月で、話せるわけはないんですがリスニング力や外国人と話すことに「慣れる」という意味では、オンライン学習はおすすめです。1日25分を一ヶ月出来て、たった5,800円。毎日好きな時間に外国人と一対一で話せるのは本当に良い経験になると思います。 私は、留学後も継続していますし、今後も続けていくつもりです。オンライン学習は留学前の予習・復讐には最適だと思います。



学校案内

パラダイス・イングリッシュに興味のある方
公式ウェブサイト http://paradiseenglish.com/ja/
日本人向け申し込みサイト http://www.synka.jp/
Facebookページはこちら
いいねをしてボラカイの情報をチェックしてくださいね。

この記事を友だちに教えよう!

記事が気に入ったら
いいねしてね♪

「てみた」イチオシの記事!

PAGE TOP