チャンネル「てみた」

マイナンバー導入後、買い物の決済時が手間すぎると問題視され話題に

マイナンバー制度について色々話題になっていますが、この仕組、大丈夫なんでしょうか?
管理するだけで消費税より予算がかかりそうな予感しかしませんが・・・・(汗)

3e1d2e9f

消費者は買い物のたびに店側にマイナンバーカードを提示し、
カードに埋め込まれているICチップに購入情報を記録する。

払い過ぎって言い方もどうなの!? この制度、問題続出しそうな予感。

2017年4月の消費税率10%への引き上げに合わせ、財務省が検討している「日本型軽減税率制度」の全容が7日、明らかになった。国民に税金を払い戻すため、社会保障と税の共通番号(マイナンバー)制度を活用する際に課題となる個人情報の保護については、情報を暗号化して厳重に保管する。国民が買い物時にマイナンバーの「個人番号カード」を安心して提示できるよう配慮する。

 軽減税率の対象は「酒類を除く飲食料品(外食を含む)」。政府は、国民からいったん10%分の税金を集め、後から2%分の還付(税の払い戻し)をする。

 このため、マイナンバーを使って一人ひとりの買い物データを保管、ポイント化する。インターネットのホームページでたまっているポイント数や払い戻し可能額が分かり、申告をすれば事前に登録した口座で還付を受けられる。

 軽減税率の制度設計に当たっては、個人情報の保護には細心の注意を払う方針。政府は買い物データを把握するため、16年1月から発行される「個人番号カード」を店頭で提示する仕組みにするが、カードに記録されている氏名や住所、生年月日などは一切読み取らない。購入データのみ暗号化され、政府が新たに設置するポイントセンターにオンラインで送られる。

これは・・・絶対・・・無駄だと思う。
百歩譲ってマイナンバーを導入するのはメリット・デメリット有ると思うので理解できますが、この方法は絶対にヤバイって・・・・

出典:時事ドットコム
(本記事は上記の報道や情報を参考にしています)

この記事を友だちに教えよう!

記事が気に入ったら
いいねしてね♪

「てみた」イチオシの記事!

PAGE TOP