チャンネル「てみた」

無意識に使ってる『口癖』であなたやあなたの周りの性格を簡単診断してみよう!

ついつい使ってる「口癖」

普段の生活でついつい無意識につかってる言葉ってきっとあるんですよね。自分自身ではなかなか気づけ無いですが、友達や家族、職場の仲間のよく使ってる言葉って実はけっこうあるんですよね。そんな「口癖」からわかる簡単な性格診断です。
あなたの周りの人に当てはめて考えてみてくださいね。  これを見て自分も気をつけないとって私は思っちゃいました。
あくまでもエンターテインメントの一貫としてお楽しみくださいね。

■「べつに」を多用する人

マイペース型で協調性に欠けるタイプ
理屈っぽく、自分に自信を持ってるのでプライドが高い。
おだてに弱いタイプ。

■「なるほど」を多用する人

人の話をよく聞き、理解力のあるタイプ。
ただし、そう見せてるだけの場合もあるので要注意。

■「とにかく」を多用する人

自己防衛本能が強いタイプ。
このタイプの人に反論するのは注意が必要。
相手の意見を肯定してから、やわらかく反論する必要がある。

■「ちょっと」を多用する人

思考のテンポが遅いタイプ。
相手のペースに合わせることが必要。

■「絶対」を多用する人

衝動的・感情的なタイプ。
意固地なところがあるので、無理に意見を通そうとはしないこと。

■「一応」を多用する人

頑固なタイプ。
自分の考えを曲げない性格なので、指示されたり人に物事を任せることを嫌う。

■「なんか」を多用する人

自分の強い意思をもっていないタイプ。
人の意見に左右されやすい。

■「みんな」を多用する人

自分の強い意思を持っていないタイプ。
「なんか」を多用する人同様、周りの意見に左右されやすい。

■「何しろ」を多用する人

理屈っぽいタイプ。
他人の意見に耳を貸さないことが多い。
合理的に話をすることが必要。

■「どうせ」を多用する人

自己中、負けず嫌いタイプ。
感情的になりやすいので、冷静に話をすることが必要。

■「わりと」を多用する人

ライバル心が強いタイプ。
また、親分肌、義理人情に厚いので、下手に出たほうが無難。
仲良くなると、強い味方になってくれる。

「やっぱり」を多用する人

これを多用するひとは物事を深く考えない性格です。
「やっぱり」なんて改めて言うべきことがそれほど多くあるでしょうか? 「やっぱりって言っておけば間が持つ」ぐらいにしか考えていません。

「ようするに」を多用する人

傲慢で仕切りたがりやです。
「話の要点をオレがまとめてやるよ」という意識の表われなのです。リーダーシップがあり、行動力がある男性が使うと、年下女性からモテる口癖です。

「常識的に」を多用する人

幼稚なひとほど「常識的に考えて」などとクチにします。
こういうひとが言う持論は当てにならないので、適当に聞き流しておけばOK。社会に出て世の中を知れば、ひとの数だけ常識があることが分かります。

「別になんでもない」を多用する人

執念深くてねちっこい性格です。
「なんでもない!」=聞いて欲しいアピールだと理解しましょう。

「だから」を多用する人

自己主張の強い人。
自分が正しいという意識が強いので、否定すると感情的になりやすく、自分の感情をコントロールするのが苦手なタイプが多いです。

「絶対」を多用する人

衝動的で感情的な人。自分に自信がないタイプが多いです。
根拠もなく絶対という言葉を使い、自分自身を安心させている場合があります。

口癖と性格

あなたの考える「こんな口癖の人は○○だ!」っていうのがあれば
下にあるコメント欄にお願いします。

出典:ameba news
出典:naverまとめ

(本記事は上記の報道や情報を参考にしています)

この記事を友だちに教えよう!

記事が気に入ったら
いいねしてね♪

「てみた」イチオシの記事!

PAGE TOP