チャンネル「てみた」

溺れて呼吸をしていなかった子犬、そこにいた釣り人の諦めない想いが子犬の命を救った

溺れて自らの力で呼吸をしていなかった子犬。
釣り人が心肺蘇生や人工呼吸をするもなかなかうまくいきません。 絶対に諦めない釣り人はペットボトルを切りそれで顔を覆うようにして人工呼吸を開始します。しばらくすると子犬は自力で呼吸し回復していきます。

動画はこちら

この記事を友だちに教えよう!

記事が気に入ったら
いいねしてね♪

「てみた」イチオシの記事!

PAGE TOP