チャンネル「てみた」

高校野球の高知県大会で明徳の馬淵監督が脱臼した選手の肩を入れるという珍事

その映像がこちら

選手もかなり痛そうだったので 監督じゃなくて病院のほうが・・・とも思ったんですが、ベンチの選手の空気を見ているとにこやかで選手と監督との間に信頼関係を感じますね。

この映像について

個人的には あまり神経質になるようなことでもないかなーとは思いますが動画を見た人からは続けて試合に出すべきではないのでは?というコメントが多かった気がします。
ただ、スポーツやってるとこういうことはけっこうあって、これ自体よりも選手と監督との信頼関係や空気のほうが大切で、この時のベンチの空気を見る限り信頼関係がしっかりあるような印象ですね。 ただ、脱臼は癖になるっていうのでしっかり治療してほしいですねぇ。

この記事を友だちに教えよう!

記事が気に入ったら
いいねしてね♪

「てみた」イチオシの記事!

PAGE TOP