チャンネル「てみた」

ペットショップの流通過程でペットが2万5千匹も死んでいる。止めないと・・

ペットショップのペットが流通過程で2万5千匹死んでいるという悲しいニュースを見てしまいました。

2015年度に国内で販売されるなどした犬猫は少なくとも約85万匹で、前年度より約10万匹増えていることが朝日新聞の調査で分かった。流通量の増減のデータはこれまでなかった。流通量の3%にあたる約2万5千匹の犬猫が流通過程で死んでいたことも判明した。

参照:朝日新聞デジタル
(本記事は上記の報道や情報を参考にしています)

このニュースを見た人からは

こういう会社がありました

このニュースを見て、いろいろ調べると こういうことを少しでも無くそうとする会社があったのでリンクだけ貼っておきます。
『人が動物と共に生きる社会をつくる』というコンセプトのもとに素晴らしい取り組みをされてる会社を見つけました。
株式会社 シロップ

「動物が」人のために生きる社会ではありません。人が動物のために、動物が人のために生きる社会です。
しかし現状は、家族として迎えた動物を捨てたり、劣悪な飼養環境に置いたり、果ては「殺処分」という、動物の命すら尊重できない社会になっています。
シロップは、まず「人が」動物と正しく向き合える社会をつくり、その先の未来として、人と動物が等しく向き合い「共に生きる社会」の実現を目指します。

こういうコンセプトの元に、人と動物をマッチングさせるサービス「OMUSUBI(おむすび)」というサービスを運営されているようです。
保護犬猫と飼いたい人を結ぶ場所  「OMUSUBI」

地方でもある

各地方にも必ずそういう取り組みをされているところがあるようです。すこし検索しただけでもいろいろ出てきました。
ペットを売らないペットショップ・シュシュ【保護犬譲渡、トリミング、ペットホテル】

動物との出会いはペットショップだけではないはずです。 きっとあなたを待ってる子がいます。
殺処分を少しでも減らすために こういうサービスを活用すること、そしてこういうサービスがあることを調べて知っていくべきだと思います。
他にも、いろいろな方法があると思いますので ペットをご検討の際は「ペットショップへ行こう!」ではなく一度調べてみてください。

この記事を友だちに教えよう!

記事が気に入ったら
いいねしてね♪

「てみた」イチオシの記事!

PAGE TOP