チャンネル「てみた」

ノロウィルス全国で大流行中! 記事を読んで、納得頂けたらシェアをお願いします。

ノロウィルスが全国で大流行中とのことです。
近年流行していなかった型のウイルスが原因の一つとみられおり、免疫のない子供が集まる保育所などを中心に集団感染も発生している。専門家は予防のため、食事や調理前などに積極的に手洗いをするように呼びかけているということです。

ノロウィルスの特徴

●感染力が非常に強い
●主な症状は嘔吐や下痢。重傷者には子供や高齢者が多い
●少ないウイルス量で発症する   
●食品中では増殖しない(ヒトの腸のみで増殖する)   
●ヒトからヒトに感染する(便、吐物)   
●アルコール・エタノール・逆性石鹸はあまり効果がない(塩素濃度200ppmの次亜塩素酸ナトリウムでウイルスは失活化します。)   
●死滅には85度で1分以上の加熱が必要

感染者の嘔吐物の処理

●嘔吐の処理をする際は必ず使い捨ての手袋とマスクを使用してください。
●処理をする人以外は、汚物に近づかないこと。
●嘔吐物の上を新聞で覆うようにしてウィルスを飛散させないように静かに拭き取りましょう。
●ふきとった嘔吐物をポリ袋にいれて袋に消毒液を入れてください。
(消毒液の作り方はあとで説明します)
●拭いた床もすぐ新聞紙で覆ってください。 新聞紙の上から消毒液をかけます。15分そのまま放置してください。ウィルスはほぼ死滅します。
●最後に、処理後には手洗いを2度行い、うがいをすること。

治療法

特効薬は残念ながらありません。症状の持続する期間は短いですから、その間に脱水にならないように、できる限り水分の補給をすること(場合によっては病院で点滴をしてもらって)が一番大切です。抗生物質は効果がありませんし、下痢の期間を遷延させることがあるので、ノロウイルス感染症に対しては通常は使用しません。その他は吐き気止めや整腸剤などの薬を使用する対症療法が一般的です。下痢が長びく場合には下痢止めの薬を投与することもありますが、最初から用いるべきではありません。

消毒液の作り方

空の500㍉リットルのペットボトルにキャップ2杯分の塩素系漂白剤を入れ500㍉リットルの水で薄める。
分量は水の量によって変わるので注意してください。

正しい手の洗い方

最後に

感染症の最大の予防は手洗いとうがいといわれています。
基本中の基本ですが、一番大切なことなのでしっかりやりましょう。あとは、感染の疑いがある人は会社・学校・保育園など人が集まる場所にはいかないこと。休むことを徹底してください。
とくにお子さんの様子は気にかけてあげましょう。大人と違って自分で判断ができないですからね。
最後に、感染症は注意喚起していくことでかなり予防につながると思います。これを見たあなたができるノロウィルス対策はお友達に伝えることです。一人でも多くの人が意識を持つことで感染症は減っていきます。シェアのご協力をお願いします。

この記事を友だちに教えよう!

記事が気に入ったら
いいねしてね♪

「てみた」イチオシの記事!

PAGE TOP