チャンネル「てみた」

乳がんのステージと生存率。市川海老蔵・小林麻央夫婦から感じた検査の重要性

市川海老蔵さんの奥様の小林麻央さんが乳がんだという発表がありました。
会見で1年8ヶ月前に病気がわかり、それから戦っていたという言葉に驚きを隠せませんでした。
会見では
「単刀直入にいうと乳がんですね。1年8カ月ほど前にわかりました。人間ドックを受け、何回か診断を受けた。かなりのスピードで進行していると言われた。抗がん剤治療をしている」
「病気ということもありますし、できるだけこれまで通り生活をさせてほしい」といったことを発言されておられました。
麻央さんの回復の様子などについては今後はできるだけ報告はしていきますということでした。
乳がんのステージについては、公表せず「深刻」という言葉で理解してほしいということでした。

また元気になって我々の前に姿を見せてくれることを願うばかりです。

20131118_ichikawa_34

病気がわかったのはお二人ご一緒に人間ドッグを受けて、そこで病気がわかったということでした。
改めて検査の重要性を感じました。

基本のがん(4種類)検査セット



この会見を見て、がんのステージについて調べてみました。

がんのステージとリンパへの転移

がん のステージはステージ0から1→2→3→4とあります。
ステージ4が最も進行している状態となります。

ステージ0

がん細胞が粘膜(上皮内)にとどまっており、リンパ節に届いていない もっとも軽いと言われる、この状態であれば転移の心配もなく 手術でがんをとってしまえば、ほぼ大丈夫なようです。
乳がんで、ステージ0の場合、5年生存率は95%くらいとのこと。

ステージ1

がんの腫瘍が少し広がっているが筋肉の層までで リンパ節に届いていない ここからが、いわゆる一般的に「がん」といわれる病気 の状態。
乳がんで、ステージ1の場合、5年生存率は89%くらいとのこと。

ステージ2

がんの組織はリンパ節に届いていないが、 筋肉の層を超えて少し広がっている。 または、がんの腫瘍は広がっていないが、 リンパ節に少し転移している ステージ2からリンパ節に届いている 可能性が出てくるようです。
乳がんで、ステージ2の場合、5年生存率は
78.6%くらいとのこと。

ステージ3

がんの腫瘍が広がっていて、リンパ節に転移している。
乳がんで、ステージ3の場合、5年生存率は
ステージ3aで58.7%ぐらい、
ステージ3bで52%ぐらいとのこと。

ステージ4

がんが、離れた他の臓器へも転移している ステージ4は、末期ガンと言われている状態で、 ステージ4と診断された方の中には ではなく、薬などで痛みを抑え、 残り人生を自分が望む形で過ごす、 という選択をされる方もいるようです。
乳がんで、ステージ4の場合、5年生存率は25%くらいとのこと。

この記事を友だちに教えよう!

記事が気に入ったら
いいねしてね♪

「てみた」イチオシの記事!

PAGE TOP