チャンネル「てみた」

15歳カナダ人の少年が星の並びをヒントにマヤ文明の未発見の都市を見つけて話題に

c8fdfd0f

カナダ人の少年、星座の並びをヒントに古代マヤ文明の都市を発見!!

カナダ・ケベック在住の15歳の少年William Gadoury君は、「マヤ暦で2012年に世界の終りが予言されている」という逸話を知ったことをきっかけに南米の古代文明に興味を持ち、
3年前からある仮説を立てて独自に「研究」を行っていた。その仮説とは、マヤ文明の古代都市が星座の並びを模して配置されているというものである。

Gadoury君は「なぜマヤ文明の都市は川から離れた山奥の不便な場所に造られたのか?」と疑問を持ち、上述の仮説を思いついた。
この仮説を検証するためにGadoury君が使ったツールはなんとGoogle Maps。Gadoury君はマヤのGISをダウンロードして地図上にプロットし、その地図に南米から見ることのできる範囲の星図を重ね合わせてみた。

結果、驚くべきことが明らかになった。マヤ文明の117の都市が実際の星の並びと一致していたのだ。さらにGadoury君は、当時のマヤ文明の星座では重要とされていた星に対応する都市がまだ見つかっていないことに気づいた。
Gadoury君はこの発見をカナダ宇宙庁に報告し、
NASAとJAXAの撮影した画像を提供してもらった。もし仮説の通りなら、メキシコのユカタン半島に未発見の古代都市が存在するはずだった。

衛星画像を拡大して調査した結果、86メートルのピラミッドと数十の家屋からなる新たな都市が発見された。
http://societas.blog.jp/1057101629#PkmJ5vq.twitter_tweet_box_count

william gadoury nz herald

william gadoury nz herald


小さなきっかけが興味になり、それをとことん追求しちゃう無垢な青年だったからこその発見だったのかもしれないですね。
「こうだろう」「こうあるべきだ」と思ってしまいがちな大人ではこんな発見はできなかったかもしれない。
Google Mapで照合しちゃうあたりの発想もなんとも 現代人って感じで面白い。 メキシコのユカタン半島の古代都市・・・これ気になりますね。

この記事を友だちに教えよう!

記事が気に入ったら
いいねしてね♪

「てみた」イチオシの記事!

PAGE TOP