チャンネル「てみた」

光を失った奥様を笑顔にするために庭を作り続けた男性が国内外で大きな話題に

画像出典・参照:boredpanda
参照:芝桜(シバザクラ) 黒木さん邸

(本記事は上記の報道や情報を参考にしています)

宮崎県児湯郡新富町の黒木敏幸さんと妻・靖子さんの20年の物語が国内外で話題になっています。

husband-plants-flowers-blind-wife-kuroki-shintomi-30

結婚し、子供にも恵まれ幸せに暮らしていた夫婦にある日 大きな転機が訪れます。
奥様の靖子さんが糖尿病の合併症で失明してしまったのです。それまで元気で明るい性格だった靖子さんにとって大きなショックだったらしく靖子さんから笑顔がどんどん減っていったということです。

敏幸さんは靖子さんを出来るだけ元気づけようとしますが、何をしていいのかわからずにいました。
そんなとき、敏幸さんが庭に何気なく植えていた芝桜に足を止める人をよく見かけることに気づきました。
そこで敏幸さんはあるアイデアを思いつきました。 人がもっともっと集まる芝桜を庭に植えようと考えたのです。

husband-plants-flowers-blind-wife-kuroki-shintomi-10

最初は土地を切り開くところから初めて、すこしづつすこしづつ進めたそうです。
そして、1年毎に大きく、美しくなった芝桜の庭は20年経った今では約600坪にまで広がり、多いときだと5000人以上の観光客が来るまでになったそうです。

husband-plants-flowers-blind-wife-kuroki-shintomi-7

husband-plants-flowers-blind-wife-kuroki-shintomi-29

husband-plants-flowers-blind-wife-kuroki-shintomi-17

靖子の笑顔はいつのまにか笑顔を取り戻していたそうです。 今ではお二人の楽しみはこの芝桜をたくさんの人に見てもらうことだとおっしゃっられているそうです。

husband-plants-flowers-blind-wife-kuroki-shintomi-11

husband-plants-flowers-blind-wife-kuroki-shintomi-8

husband-plants-flowers-blind-wife-kuroki-shintomi-30

20年かけて、奥様のために少しづつ愛情を込めて植えられた芝桜は今では多くの人で幸せをシェアする芝桜になっているそうです。
宮崎県児湯郡新富町にある黒木さんの庭にある愛の芝桜。チャンスがあれば行ってみたいですよね?

この記事を友だちに教えよう!

記事が気に入ったら
いいねしてね♪

「てみた」イチオシの記事!

PAGE TOP