チャンネル「てみた」

野生の生き物に気軽に餌をあげてはいけない。知床財団からのメッセージが話題に

北海道にある、世界自然遺産・知床の自然を「知り・守り・伝える」ための公益財団法人『知床財団』のメッセージが話題になっています。

CocLisxUsAEie5e

CocLitSUIAA7dP1

書き起こし

ソーセージの悲しい最後
コードネーム97B-5、またの名はソーセージ。
初めて出会ったのは1997年秋、彼女は母親からはなれ独立したばかりだった。
翌年の夏、彼女はだくさんの車が行きかう国立公園入口近くに姿を現すようになった。
その後すぐ、とんでもない知らせが飛び込んできだ。観光客が彼女にソーセージを投げ与えていたというのだ。
それからの彼女は同じクマとは思えないほどすっかり変わってしまった。人や車は警戒する対象から、食べ物を連想させる対象に変わり、彼女はしつこく道路沿いに姿を見せるようになった。そのたびに見物の車列ができ、彼女はますます人に慣れていった。
我々はこれがとても危険な兆候だと感じていた。かつて北米の国立公園では、餌付けられたクマが悲惨な人身事故を起こしてきた歴史があることを知っていたからだ。我々は彼女を必死に追い払い続け、厳しくお仕置きした。人に近づくなと学習させようとしたのだ。しかし、彼女はのんびりと出歩き続けた。
翌春、ついに彼女は市街地にまで入りこむようになった。呑気に歩き回るばかりだが、人にばったり出会ったら何が起こるかわからない。そしてある朝、彼女は小学校の側でシカの死体を食べ始めた。もはや決断の時だった。手供だちの通学が始まる前にすべてを終わらせなければならない。私は近づきながら弾丸を装填した。
スコープの中の彼女は、一瞬、あっ、というような表情を見せた。そして、叩きつける激しい発射音。ライフル弾の恐ろしい力。彼女はもうほとんど動くことができなかった。瞳の輝きはみるみるうちに失われていった。
彼女は知床の森に生まれ、まだその土!こ戻って行くはずだった。。それは、だつだ1本のソーセージ、で狂いはじめた。何気ない気持ちの餌やりだったかもしれない。け
れどもそれが、多くの人を危険に陥れ、失われなくてよかった命を奪うことになることを、よく考えてほしい。

この記事を友だちに教えよう!

記事が気に入ったら
いいねしてね♪

「てみた」イチオシの記事!

PAGE TOP