チャンネル「てみた」

「可哀想」は人を傷つける・・・ある新聞の投書が子育てパパ・ママから大絶賛

参照:Twitter

とまみ@20160424第一子♂出産さん (@kpyy2016)がツイートした、新聞の投書が今話題になっています。
その投書は『「可哀想」は時に人を傷つける』というタイトルで子育てパパ・ママの間で絶賛されています。

その内容がこちら

CniB9C-VIAA2ffm

足を怪我してもがんばって幼稚園まで歩くと言った長男。
妹ができてお兄ちゃんになったので荷物を持つといった長男。

成長した6歳の男の子の頑張りや優しさのいったいどこが「可哀想」なのでしょうか。

共感を集めている最後の5行の内容は

「可哀想に」という人は、自分が優しい人間だと思っているのかもしれない。
しかし、この言葉は浅はかで無責任で、時に人を傷つけ、何も生み出さないそのことを知ってほしい。

7月17日 朝日新聞

Twitterの反応

一見、「怪我をしているのに歩かされている」そう見えるかもしれません。
でも実は頑張って歩いているのに「可哀想」と言われたらどんな気持ちになるでしょうか?
「可哀想」と同情するのではなく、相手がどう思うかをしっかりと考えて発言したいですね。

この記事を友だちに教えよう!

記事が気に入ったら
いいねしてね♪

「てみた」イチオシの記事!

PAGE TOP