チャンネル「てみた」

痴漢冤罪によってある男性が受けた被害が深刻。「あっすいません」=認めたことに

fasdfasda

それじゃ、どうすれば?

痴漢冤罪(ちかんえんざい)とは、実際には痴漢をしていないにもかかわらず痴漢行為をしたと疑いをかけられて、警察や司法機関、社会から不当な処遇・処分を受けたり、社会的制裁を受けたりする冤罪の一種です。

発生件数などのデータはなく、正確な数字はわかりませんが、一度痴漢冤罪として逮捕されてしまうと社会復帰は難しい、恐ろしい背景があります。

痴漢冤罪で罪もない人たちが被害を受けている事件をよく見かけます。特に多いのは電車内での痴漢トラブルが多く、女性の近くに立っただけで「触られた」「ちょっかいを出された」と言われ、痴漢冤罪に発展するといったケースがあります。

出典:keiji-pro

痴漢の冤罪を疑われたら、とにかく弁護士に相談したほうがいいということでしょうね。
上記のサイト内で痴漢冤罪を疑われたときの対応がいくつか書いてありました。
まずは、冤罪は逃げたほうがいいという説があり冤罪であり逃げれればいいが、逃走後捕まったときのリスクのほうが大きいため逃げないほうがいいということでしたね。 駅などで発生した場合は駅員室へはついていかないほうがいいということです。
同行したことで長期拘留される恐れもあるのでついていかず、まずは目撃者を探すことと、それ以降のすべての会話をスマホの録音機能などを利用して録音しておいたほうがいいということでした。

尚、弁護士は警察にいってからではなく駅員室など拘束されそうになった段階で請求することができるそうなので、事態がどうなるか様子見したりせずに弁護士を請求したほうがいいということでした。

それにしても 手と手の甲が触れただけで 男性が積み上げてきた全てを失うことになろうとは・・・
この問題定義を男性ではなく、女性の方がされていたのが印象的でした。 変な男も困ったものですが、どうように過剰な女性もどうかと思いますよね・・・

この記事を友だちに教えよう!

記事が気に入ったら
いいねしてね♪

「てみた」イチオシの記事!

PAGE TOP